東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 96回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第96回全国高校野球選手権大会(2014)・栃木】

<熱球譜>努力の主将 チームけん引 大田原(3年)金城遼選手

写真

 5点を追う九回1死、走者なしの場面。ショートへの強烈な打球が相手の失策を誘い、この日3回目の出塁。日焼けした顔から、白い歯がこぼれた。

 「何とか塁に出て、後ろ(の打者)に返してもらいたかったんですけど。きょうはチャンスはできたけど、1本が出なかった」。主将・4番打者として、完封負けに終わった自らの責任に触れた。

 前日のミーティングでは、打撃戦に持ち込むことをもくろんだ。結果は、自らの1安打を含め、チーム全体で7安打とまずまず。七回終了まで2−0と、強豪・作新学院と互角に戦った。しかし、本塁が遠かった。

 県北の進学校。「戦術も理解が早い。ミスをしたとき、繰り返さないように厳しく言うようにした」。主将の思いが通じ、ナインは、ミーティングで積極的に発言するなど変化。「この夏は強くなるぞ」と確信したという。

 自らも、長打狙いで粗削りだった打撃に安定感を増し、好調な打撃でチームをけん引した。1回戦の益子芳星戦ではサイクル安打も達成。冬の間、納得するまでティー打撃や素振りを繰り返し「体勢を崩されても打てるようになった」成果だ。

 「自分のいいところは、みんなを引っ張っていけるところ。大学でも野球を続けます」 (後藤慎一)

 

この記事を印刷する

PR情報