東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・千葉】

拓大紅陵が辛勝 中央学院、快進撃続く

 夏の高校野球県大会は二十一日、3球場で5回戦8試合が行われた。中央学院は2試合連続でシード校に勝利。ノーシード同士の対戦となった一宮商−千葉商大付は、千葉商大付が猛打でコールド勝ちした。県野球場で行われた松戸国際−拓大紅陵は序盤にリードした拓大紅陵が、松戸国際の九回の反撃を振り切り辛勝した。

 拓大紅陵は二回に先制し、三回2死一、三塁から鈴木寿希也(じゅきや)選手(三年)が本塁打を放ち突き放した。先発の林世翔(せな)投手(同)は最終回まで球威を保ち、相手の反撃を抑えた。

 松戸国際は四回に1点を返し、六回にも得点圏に走者を進めた。九回も今吉翼選手(二年)の2点適時打で1点差に迫ったが、あと一本が出なかった。

 二十二日は試合がなく、二十三日に2球場で準々決勝4試合が行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報