東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・千葉】

4強決まる 専大松戸×木更津総合、中央学院×習志野

 夏の高校野球県大会は二十三日、2球場で準々決勝4試合が行われた。悲願の初優勝を目指す専大松戸と春夏連続出場を狙う木更津総合が勝利。習志野はノーシードから勝ち上がってきた千葉商大付を破った。中央学院は3試合連続でシードを破り4強を決めた。

 県野球場で行われた木更津総合−成田は、木更津総合が初回に先制点を挙げ、最終回に突き放した。

 木更津総合は一回、4番の檜村篤史選手(三年)の適時打で先制すると、2死一、二塁から峯村貴希選手(一年)の3点本塁打で主導権を握った。先発の早川隆久投手(二年)も無四球で九回を投げ抜いた。

 成田は八回、2死満塁から野口智優(ともひろ)主将(三年)が適時打を放ち意地を見せた。計8安打を放ったが、好機であと1本がでなかった。

 準決勝は二十四日、専大松戸−木更津総合と中央学院−習志野の2試合が、QVCマリンフィールドで行われる。 (渡辺陽太郎)

 

この記事を印刷する

PR情報