東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・千葉】

<熱球譜>木更津総合3年・鈴木健矢投手 同級生の思い背に奮投

写真

 待ちに待った専大松戸戦。昨夏3−10と大敗した相手を倒す準備はできていた。低めを意識し初回は三者凡退に抑えた。だが二回、併殺を狙い内角に投げた直球が高めに浮いた。相手は見逃さず、打球は右翼席に消えた。だが気落ちせず腕を振った。「自分は同級生7投手の代表だ」

 昨年のチームは体格も技術も現三年生より上だった。新チームになると監督から「史上最弱」と厳しい言葉も飛んだ。大野晃輝(こうき)主将(三年)を中心に互いが支え合う環境をつくった。「チーム力は昨年のチームより上」と自信を見せる。自身も上手投げから横手投げに変更。結果を出し背番号1を獲得した。早川隆久投手(二年)ら下級生も成長し、春のセンバツ出場を果たした。

 競争は激しくなった。三年生の投手の中でベンチ入りは自分だけ。自分が代表だと意識し、大会前まで必死に走り込んできた。

 試合終了後「専松は強かった。二回の1球は不用意だった」と悔やんだ。だがスタンドの同級生の声援を力に、六回3失点と役割を果たせた。「ありがとう。本当にありがとう」と感謝した。「後輩たちの力はすごい。きっと専松に勝ってくれる」とエールも送った。 (渡辺陽太郎)

 

この記事を印刷する

PR情報