東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 群馬 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・群馬】

桐生第一など16強出そろう

 第97回全国高校野球選手権群馬大会は十九日、上毛新聞敷島球場(前橋市)など3球場で3回戦の残り8試合があり、ベスト16が出そろった。シード校の桐生第一は前橋南に先行されたが、六、七回に犠打、犠飛を巧みに絡めて走者をかえし、逆転勝ちした。前橋は初回に先制し、続く二回も打者9人の長短5安打などで5点をもぎ取り、吉井を引き離した。

 太田東は1点差で迎えた九回表、1死三塁としたが、後続が打ち取られ、追撃は及ばなかった。シードの前橋商は大量13安打で高崎北を破った。

 

この記事を印刷する

PR情報