東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・西東京】

<熱球譜>神宮マウンド悔いなし 昭和3年 佐々木 広大(こうだい)主将

写真

 五回裏2死満塁、投じたフォークをライト線に運ばれ、サヨナラコールド負けを喫した。「甘いコースではなかった。バッターがうまかった」と打った日大三の坂倉将吾選手をたたえた。

 今大会は2度、リリーフ登板。いずれのピンチも決め球のフォークで切り抜けてきた。

 4回戦の狛江戦では2点差に迫られた九回裏、2死満塁の場面もフォークで三振を奪い、試合を決めた。この日の準々決勝は四回に9点目を取られた場面でマウンドに上がった。「満塁なので三塁ランナーが走りづらいから投げやすい」と落ち着いて、2者連続空振り三振に仕留めた。

 本職は遊撃手。投手経験は、小学校のころにリリーフをした程度。昨秋、投手兼務となり、試しにフォークを投げるうちに体得した。

 校舎改築のため、入学当初から校庭が使えなかった。週2回の昭島市民球場で練習する以外は、校舎裏でティーバッティングやキャッチボールしかできず、昭和記念公園の外周(10キロ)などをひたすら走り込んだ。「つらかったけど、いい3年間だった」

 最後の夏をマウンドで終えるとは想像していなかったが、「神宮のマウンドに立ててうれしかった」。試合後のあいさつを終えると、森勇二監督が「よくやった」と握手で迎えてくれた。 (小形佳奈)

 

この記事を印刷する

PR情報