東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・西東京】

<熱球譜>国学院久我山3年・了海航捕手 仲間に感謝 悔いなし

写真

 敗戦が決まった瞬間、つらい練習に耐え、仲間と過ごした日々がよみがえり、泣きじゃくった。ベンチ裏で「ナイスプレーだった」「ありがとう」と一人一人に声をかけた。

 走攻守そろったプロ注目の逸材。4番を任され、遠投110メートルの強肩を生かした守備は特に評価が高い。今大会は5試合を戦い、捕逸は一度だけ。相手の盗塁を6回阻止した。

 そんな優れた選手でも今春の都大会前は打撃不振に陥った。日ごろは誰よりも大きな声で仲間を鼓舞するムードメーカーだが、いらいらが募り、態度にも表れた。練習時に木製バットを地面にたたきつけて折った時のこと。チームメートは「苦しんでいるのは分かる。(試合で)思い切り打つことがチームのためになる」と励ましてくれた。

 「仲間にはいろいろ迷惑をかけた」。気持ちがすっと楽になり、スランプを乗り越えられた。

 準決勝の東海大菅生戦は、3点差で迎えた八回、四球を選び、1死満塁からの押し出し死球による1点につなげた。「自分の力を出し切った」と、高校野球生活に悔いはない。

 心残りは、中学時代にシニアチームで一緒だった、早稲田実で4番捕手の加藤雅樹選手のこと。彼も今大会注目の選手。前夜に無料通信アプリLINE(ライン)で決勝での対戦を約束したばかりだった。加藤選手には「絶対勝て」とメッセージを送るつもりだ。 (小形佳奈)

 

この記事を印刷する

PR情報