東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・西東京】

あす決勝 早実×東海大菅生

日大三−早稲田実 決勝進出を決め笑顔の早稲田実ナイン=神宮球場で

写真

 第97回全国高校野球選手権大会西東京大会は二十四日、準決勝が神宮球場で行われた。決勝に進んだのは第3シードの東海大菅生と第4シードの早稲田実。二十六日、西大会130チームの頂点と甲子園行きの切符をかけて激突する。

 早稲田実は三回、連続四球と盗塁で2死一、三塁から、注目の一年生スラッガー清宮幸太郎選手の右中間二塁打で2点を先制。今大会ここまで制球に不安のあった主戦松本皓(こう)投手が、打撃好調の第1シード日大三打線を、散発3安打に抑えて完投した。

 東海大菅生は3番打者江藤勇治選手がソロ本塁打を含む4打数3安打の活躍。羽生優太、勝俣翔貴(しょうき)両投手の継投で逃げ切った。ノーシードから勝ち上がった国学院久我山は7安打を放ったが、打線につながりを欠いた。

 

この記事を印刷する

PR情報