東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・栃木】

公立勢姿消す 4強出そろう

大田原−国学院栃木 5回、相手投手の暴投で生還する国学院栃木の横倉隆成選手(手前)=清原球場で

写真

 第97回全国高校野球選手権栃木大会は二十三日、県営球場と宇都宮清原球場で準々決勝の4試合があり、いずれもシードの4校が4強に勝ち上がった。

 栃木大会の5連覇を目指す作新学院は九回、文星芸大付に同点とされたが、延長十回に3点本塁打が出て粘り勝ち。このほか、国学院栃木、白鴎大足利、青藍泰斗はいずれもコールド勝ちした。準々決勝まで残っていた公立勢は全て敗れ、姿を消した。

 準決勝の2試合は、宇都宮清原球場で二十五日に予定される。国学院栃木−青藍泰斗、作新学院−白鴎大足利の組み合わせとなる。

 

この記事を印刷する

PR情報