東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 98回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第98回全国高校野球選手権大会(2016)・西東京】

開幕試合は日大二×筑波大駒場

 第98回全国高校野球選手権大会東京大会の組み合わせ抽選会が十八日、渋谷区の青山学院高等部であり、東西両大会の対戦カードが決まった。合同開会式が七月二日午後二時半から神宮球場で行われ、関東第一の村瀬佑斗主将が選手宣誓する。開会式後の開幕試合は、日大二と筑波大駒場が対戦する。

 東大会には複数の学校で編成する連合チームを含めて百三十七チームが、西大会には同様に百二十八チームが参加。大会が順調に進めば、決勝は東が七月二十八日、西が二十七日、いずれも神宮球場で行われる。一回戦などの試合の開始時刻と会場は調整の後、今月二十一日に発表される。

 抽選会には各校の選手やマネジャーらが集まり、緊張した表情でくじを引いた。都高野連の堀内正会長は「諦めないプレーが勝ち残る秘訣(ひけつ)。皆で喜べるように良い結果を」と選手たちを激励した。 (加藤健太)

 

この記事を印刷する

PR情報