東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 98回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第98回全国高校野球選手権大会(2016)・西東京】

東・西大会 使用球場と日程決まる

 七月二日に開幕する第98回全国高校野球選手権大会東西東京大会の試合会場と開始時刻が二十一日、確定した。都高等学校野球連盟がトーナメント表を発表し、ホームページで公開している。

 十八日の組み合わせ抽選後、学校からの距離や予想される観客数などを踏まえて、都高野連が調整していた。開会式後の開幕試合と準々決勝以降の試合は十八日に公表していた。

 高校通算本塁打が50号に到達した清宮幸太郎選手(二年)らを擁する早稲田実業は十日午前九時の二回戦から登場する。五回戦までの全四試合は、西大会の使用球場で収容人数が最多となるダイワハウススタジアム八王子(旧称・八王子市民球場)を使うことになった。

 都高野連は「大会の円滑な運営や観客の安全面を考慮して割り振った。早実の試合は警備員を増員する」と話した。 (加藤健太)

 

この記事を印刷する

PR情報