東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 98回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第98回全国高校野球選手権大会(2016)・西東京】

<ヒーロー>俊足でチームに勢い 八王子3年・山口駿選手

八王子−東海大菅生 11回表八王子1死二塁、決勝点となる右中間三塁打を放ちガッツポーズを見せる山口選手

写真

 高めのスライダーを振り抜いた打球は大歓声に乗って右中間を破った。難攻不落の相手エースが天を仰ぐ。50メートル6秒0の快足を生かしてゆうゆう到達した三塁で、ほっとした表情が浮かんだのには訳があった。

 俊足ぞろいのチームでも足の速さはトップクラス。1番打者を任されたが、出塁を焦るあまり、当てにいく中途半端なスイングが目立った。もがいたが結果は出ず、申し訳なさから次第に消極的になった。

 思うように貢献できなくても決勝の場に立てたのは、仲間が代わりに打ってきてくれたからこそ。安藤監督からそう諭され、前向きになれた。「思い切りを忘れずに」と誓った一振りが殊勲の決勝打を生んだ。

 過去2度の決勝敗退を経て再びたどり着いたひのき舞台。機動力が売りのチームを象徴するように、二回、内野安打で出塁するとすぐに二盗を決めた。失敗すれば流れを失うリスクもあったが、「走塁は勇気なので」と恐れなかった。

 この夏、清宮幸太郎選手らがいる早稲田実業を撃破して勝ち上がった。準々決勝に神宮球場で対戦するのは昨年と全く同じ構図。先輩の夢を阻んだ因縁の相手を苦しみながらも撃破し、チームは確実に勢いづいた。

 激戦の西東京大会を勝ち抜き、いよいよ夢にまで見た初めての聖地に向かう。「迷惑かけた分は甲子園で取り戻す」。頼れる切り込み隊長が戻ってきた。 (加藤健太)

 

この記事を印刷する

PR情報