東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 98回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第98回全国高校野球選手権大会(2016)・埼玉】

熊谷商 逃げ切り8強

上尾ー南稜 4回表無死三塁、上尾は右への犠牲フライで大橋健選手がホームに滑り込み3点目=大宮公園球場で

写真

 第98回全国高校野球選手権埼玉大会は二十三日、さいたま市の大宮公園球場など3球場で5回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。

 シード校同士の対決となった上尾−南稜は、上尾が5−1で南稜を下した。熊谷商はシード校の西武文理に競り勝ち、3−2で逃げ切った。

 上尾は三回、相手の失策で好機をつくり、手堅く先制。その後も短打や犠打を絡めながら得点を重ねた。南稜は上尾の2投手に14三振を喫するなど打ち崩せなかった。

 熊谷商は1点を追う二回、下位打線の連打で逆転。七回も6番から好機をつくり、追加点を挙げた。西武文理は序盤に再三、好機をつくったがあと1本が出なかった。

 滑川総合を六回コールドで退けた花咲徳栄は、先発したエース高橋昂也投手(三年)が走者を1人も出さず、14三振を奪う快投を見せた。

 二十四日は大宮公園球場と市営大宮球場で準々決勝4試合が行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報