東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 98回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第98回全国高校野球選手権大会(2016)・埼玉】

あす準決勝 シード4校対戦

熊谷商−花咲徳栄 8回表無死一塁、相手の失策の間に本塁へ生還する花咲徳栄の野本真康選手=大宮公園球場で

写真

 第98回全国高校野球選手権埼玉大会は二十四日、さいたま市の大宮公園球場など2球場で準々決勝4試合が行われ、ベスト4が出そろった。聖望学園は、強豪・浦和学院を破って勢いに乗る市立川越を序盤に攻め、9−5で準決勝に進んだ。春日部共栄は初回に5点を奪う猛攻で、Bシードの上尾を下した。

 聖望学園は2点を追う二回、犠打を絡めて確実に1点を奪うと、三回には打者一巡の猛攻で逆転。その後も好機で打線がつながり、計9点を挙げた。市立川越は五回と七回に連打で計3点を返したが、追いつけなかった。

 春日部共栄は初回に本塁打などで5点を先制。その後も好機で着実に加点した。上尾は三回、相手の失策と四球で満塁の好機をつくったが、あと一本が出なかった。

 また、優勝候補の花咲徳栄のエース高橋昂也投手(三年)は5回戦に続いて先発。2試合連続で六回を無安打に抑えた。

 準決勝は二十六日、大宮公園球場で行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報