東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
トップ > 高校野球大会・首都圏 > 99回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第99回全国高校野球選手権大会(2017)・栃木】

足工0−7から逆転 県大会開幕

選手宣誓する宇都宮の桑原克彰主将=宇都宮市で

写真

 第99回全国高校野球選手権栃木大会が七日開幕し、1回戦2試合が行われた。足利勢対決となった開幕戦の足利−足利工は、足利工が0−7から7点差をはね返し、8−7と逆転勝ち。那須拓陽−宇都宮東は宇都宮東が4−0で快勝した。

 開幕戦に先立ち、宇都宮市の県総合運動公園野球場(県営球場)で開会式があった。昨年全国制覇を果たし、栃木大会七連覇を目指す作新学院を先頭に、62校・61チームの選手たちが堂々と行進。宇都宮の桑原克彰主将が「感謝の思いを精いっぱいプレーで体現します」と力強く選手宣誓した。

 宇都宮海星女子学院高一年の荻巣真里亜さんが国歌を、宇都宮短大付属高三年の大野和奏(わかな)さんが大会歌を独唱した。

 大会は12日間。雨天順延などがなく順調に進めば、二十三日に宇都宮清原球場で決勝戦がある。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

PR情報