東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ドコモ、通信料最大4割値下げ 6月から、端末代は上昇へ

 NTTドコモは15日、6月から適用する新料金プランを発表した。一定の条件を満たせば通信料が従来プランから最大4割安くなる。5月22日から申し込みを受け付ける。スマートフォンの端末代金と通信料の分離を義務化する政府の方針を受け、セット販売を廃止。端末代金は今後、高くなるとみられる。KDDI(au)やソフトバンクも新たな価格戦略を打ち出し対抗する方針で、今秋参入する楽天も含めた携帯各社間の競争が激化する見通しだ。

 東京都内で記者会見した吉沢和弘社長は「端末購入にかかわらず、従来よりお得に利用できる」と強調した。

(共同)

 新料金体系を発表するNTTドコモの吉沢和弘社長=15日午後、東京都千代田区

 新料金体系を発表するNTTドコモの吉沢和弘社長=15日午後、東京都千代田区
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報