東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

横田騒音訴訟、二審も賠償命令 飛行差し止めは認めず、東京高裁

 米軍横田基地(東京都福生市など)の周辺住民約千人が、米軍機と自衛隊機の夜間・早朝の飛行差し止めと、騒音被害の賠償を国に求めた「第2次新横田基地公害訴訟」の控訴審判決で、東京高裁は6日、一審東京地裁立川支部判決に続き、過去の被害に対する賠償を命じた。同様に将来分の賠償と飛行差し止めは認めなかった。厚木基地訴訟の最高裁判決(2016年12月)の枠組みを踏襲した形だ。

 賠償額は二審が結審するまでの分約1億5千万円を加算し、約7億6800万円とした。原告側は上告を検討する。

 高裁の中西茂裁判長は「我慢すべき限度を超えている」と指摘した。

(共同)

 米軍横田基地(上)と周辺の住宅街=2017年、東京都福生市

 米軍横田基地(上)と周辺の住宅街=2017年、東京都福生市
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報