東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

塀倒壊のプール、引っ越し 寿栄小、児童心情に配慮

 最大震度6弱を観測した大阪府北部地震は18日で発生から1年となる。登校中だった小学4年三宅璃奈さん=当時(9)=が倒れたブロック塀の下敷きになり死亡した同府高槻市立寿栄小では、塀があったプールが取り壊され、元の位置から数十メートル先の校庭に移して造り替える工事が進められている。

 高槻市によると、地震でプール自体も亀裂が入る被害を受けた。修復する選択肢もあったが、事故を想起させる場所であることから、児童の心情に配慮し、残さずに校舎脇に移して造り替えると決めた。7月中の完成を目指している。

(共同)

 元の位置(下)から校舎脇に移して造り替える工事が進む寿栄小のプール=12日、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

 元の位置(下)から校舎脇に移して造り替える工事が進む寿栄小のプール=12日、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報