東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

自然な髪形キープする成分を開発 マンダムと京大

 自然な仕上がりのヘアスタイルを長時間保てる整髪成分を開発したと、化粧品メーカーのマンダムと京都大のチームが20日、発表した。新たなヘアスタイリング剤として製品化を目指す。

 同社によると、ワックスなど従来の整髪剤は、毛髪の外側に付着させることで髪形を固めるが、湿気などで崩れたり、自然なつやが出にくかったりしていた。

 チームは、湿気により、毛髪内部のタンパク質間の水素結合が切れることで髪の形状が変化し、髪形が崩れることに着目。水素結合より強いイオン結合を形成する物質を探し、保湿成分などとして使われる「α―ケトグルタル酸」を見つけた。

(共同)

 開発された整髪剤(左側)と従来品の比較=20日、京都市

 開発された整髪剤(左側)と従来品の比較=20日、京都市
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報