東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

息子いない 母 止まった25年 松本サリン事件

 8人が死亡した1994年の松本サリン事件から、27日で25年を迎えた。「息子のことを一日も忘れたことはない」。事件で次男を失った小林房枝さん(77)=静岡県掛川市=の時は止まったままだ。「死刑が執行されても息子は帰ってこない」。悲しみが癒えることはない。

 「息子さんが危篤です」。九四年六月二十八日早朝、突然の電話を受け、房枝さんは夫と長野県松本市に向かった。次男の豊さん=当時(23)=は二十七日夜に猛毒サリンがまかれた現場近くのアパートで倒れ、病院に運ばれたが翌二十八日に死亡。到着した時、豊さんは既に警察署に置かれたひつぎの中だった。房枝さんは「悲しい、つらい、寂しいという気持ちがごちゃ混ぜになった」と振り返る。

 豊さんは高校まで掛川市で過ごした。努力家で人懐こく、明るい性格。大学進学で上京し、東京の電機会社に就職。システムエンジニアとして社会人二年目の九四年五月末、長期出張のため松本市へ。「松本は緑がきれいでいい所だよ」。豊さんにそう言われ、房枝さんは夏休みに会いに行くのを楽しみにしていた。

 事件を起こしたオウム真理教の元幹部らへの憎しみは消えない。「とにかく生きていてもらっては困る。収監されても生きていることが許せない」と思っていた。昨年七月、死刑執行。でも「心は軽くならなかった。ただ息子がいなくなったということだけがのしかかっている」。

 事件から二十五年という節目に特別な思いはない。「単なる通過点。息子は帰ってこない」。月命日には欠かさず掛川市内にある豊さんの墓に参り、花を供える。毎年、命日が近づくと、豊さんの大学の同級生が訪れ「今年も来たよ」などと書いた缶ビールを供えてくれる。「顔を合わせることはないけれど、感謝しかありません」。房枝さんは静かに語った。

◆被害の信州大生 松本市長しのぶ

 松本市の菅谷昭市長は二十六日の定例会見で、松本サリン事件について「亡くなられた方も、現在も体調に影響があって苦労されている方もおり、言葉もない。二十五年たっても忘れられない」と述べた。

 菅谷市長は当時、信州大医学部外科学教室に助教授として勤務していた。この日の会見では、同学部六年で事件に巻き込まれて死亡した安元三井(みい)さん=当時(29)=と臨床実習で会話したことを紹介。「よくできるハキハキした人で、非常にいい医療者になると思っていた。本当にショックだった」と振り返った。

 また、現場近くに住んでいた河野義行さんが警察やマスコミから犯人扱いされたことについて、「裏付けに基づかず、正しく報道しなかったことが大きな問題を起こしてしまった。教訓として忘れてはいけない」と話した。 (川添智史)

<松本サリン事件> 1994年6月27日夜、長野県松本市の長野地裁松本支部裁判官宿舎近くの住宅街で猛毒サリンがまかれた事件。多数の重軽症者が出たほか、死者は後遺症で意識が戻らず2008年に亡くなった1人を含め8人に上った。長野県警は第1通報者の河野義行さん宅を容疑者不詳のまま家宅捜索。報道機関も河野さんを容疑者扱いするような報道を展開した。その後、山梨県のオウム真理教施設周辺でサリン残留物が検出され、教団側が裁判官らを狙ってサリンの効果を試そうとしたと判明。一連の事件で死刑が確定した13人のうち元教団代表の麻原彰晃元死刑囚=本名・松本智津夫=や教団幹部の関与が認定され、13人の刑は18年7月、執行された。

(東京新聞)

次男の豊さんの写真を見つめる小林房枝さん=25日、静岡県掛川市で

次男の豊さんの写真を見つめる小林房枝さん=25日、静岡県掛川市で
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報