東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

奈良の遊園地で子ども15人けが チューブ形滑り台

 奈良県生駒市にある生駒山上遊園地のチューブ形滑り台で、5〜10歳の子ども15人が頭を打つ軽いけがをしていたことが12日分かった。滑り台は13日オープンの有料ゾーンに設置される予定で、子どもたちは6、7日のプレオープンに招かれていた。

 運営側の近鉄によると、滑り台は「チューブスライド」という名称で全長25メートル、高さ10メートルのチューブ形。子どもたちは滑走中に上部に頭をぶつけ、たんこぶやすり傷ができた。スピードが出過ぎて体が浮き上がったことが原因とみられる。

 別の滑り台「スカイウォーク」でも、試験的に滑った女性従業員(22)が足首を骨折した。

(共同)

 生駒山上遊園地のチューブ形滑り台=6日、奈良県生駒市(近鉄提供)

 生駒山上遊園地のチューブ形滑り台=6日、奈良県生駒市(近鉄提供)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報