東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

天王・海王星、内部の水に強電流 岡山大実験、強力磁場を解明

 天王星と海王星がなぜ強力な磁場を持つのかのメカニズムが分かったと、岡山大と大阪大などのチームが12日付の英科学誌電子版に発表した。両惑星の成分を再現した試料に高強度のレーザーを照射し、惑星内部と同じ高温高圧状態をつくり出す実験で解明した。内部の水に強い電流が流れ、強力な磁場が生まれていると判明したという。

 チームの奥地拓生・岡山大准教授(地球惑星物理学)によると、惑星内部の成分を模した炭素や窒素を含む水溶液を入れた容器に、高強度レーザーを照射し、約10億分の1秒という極めて短い時間、約2万度、約300万気圧の高温高圧状態をつくり出した。

(共同)

 無人惑星探査機ボイジャー2号が1986年に撮影した天王星(NASA提供・共同)

 無人惑星探査機ボイジャー2号が1986年に撮影した天王星(NASA提供・共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報