東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

五輪会場は「江東区に帰属」 人工島の境界巡り東京地裁判決

 埋め立てによって造られ、住所がない状態が続いている東京湾の人工島「中央防波堤」の帰属を巡り、東京都大田区が江東区との境界の確定を求めた訴訟の判決で、東京地裁は20日、島の一角にある2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場は「一体として江東区に帰属させるのが相当」と判断した。都の調停案は、会場の一部は大田区に属するとしていた。

 中央防波堤は約500ヘクタールあり、都が1973年にごみ処分場の埋め立て工事を始めた。江東、大田両区と橋やトンネルで結ばれ、一角にはボートやカヌーの競技場「海の森水上競技場」が整備された。

(共同)

 東京都臨海部の人工島「中央防波堤」=14日

 東京都臨海部の人工島「中央防波堤」=14日
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報