東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

来月末までに弾劾訴追とバノン氏 トランプ大統領の疑惑巡り予測

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・ポスト電子版は19日、バノン元首席戦略官がインタビューで、野党民主党が多数派を占める下院が11月末までにウクライナ疑惑でトランプ大統領を弾劾訴追するとの見通しを示したと報じた。これまで弾劾訴追された大統領は2人しかおらず、実現すれば米史上3人目となる。

 バノン氏は「6週間以内にトランプ氏はペロシ下院議長に弾劾訴追されるのは間違いない。フェイクニュースや魔女狩り批判は効果がない」と述べ、弾劾訴追に対応する法律顧問団をホワイトハウスに早急に設置する必要があると強調した。

 バノン米元首席戦略官(UPI=共同)

 バノン米元首席戦略官(UPI=共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報