東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

愛媛県の「まじめ」路線PR戦略、「ふまじめ」と批判浴びる 

 愛媛県のPR事業「まじめえひめプロジェクト」が物議をかもしている。まじめな県民性をアピールしようと、介護時間の長さを強調。彼氏のいない女性が多いなどとする動画を制作したところ、「ふまじめだ」と批判の声が上がったのだ。なぜこんな動画が生まれたのか。(佐藤直子)

◆「彼氏いない」「介護時間が長い」から「まじめ」!?

 「介護に追い詰められている人もいるのに、介護時間の長さを美徳にする。憲法にもかかわる個人の選択なのに、彼氏がいない女性などと行政が取り沙汰するのは問題だ」。愛媛県議の武井多佳子さんは憤る。

 動画は約五分。ドラマ仕立てで「愛媛県まじめ会議」を舞台に、職員が県の知名度アップのためのアイデアを出し合う設定だ。男性職員が「まじめな県民性」に焦点を当てようと、ボランティアや介護の時間が長いとするデータを紹介。「自転車に乗るときにみんなヘルメットをかぶっている」「彼氏がいない独身女性が多い」とも。

◆県議に「不愉快」と苦情届く

 県が東京の制作会社に委託し、事業の特設サイト制作と合わせて約千二百万円で発注。今春から駅や空港、インターネットで流れ、武井さんの元に「不愉快」と苦情が届くようになった。

 特設サイトの「二〇一一年の県民の介護・看護時間が百七十六分で、全国平均百二十九分を上回り全国一位」という記述が誤っていたことも判明。国の統計によれば愛媛県は同年は一位ではなく、〇六年と一一年の平均値をとった民間サイトの情報を流用していたことが分かった。彼氏のいない独身女性が多いというのも、確かめにくい話だ。

◆女性議員団体、「独身ハラスメント」などと知事に抗議

 武井さんら「全国フェミニスト議員連盟」は先月十八日、中村時広知事に、事業に抗議し中止を求める要望書を出した。家族による介護や看護を美徳とすることや、「独身ネタ」を使ったハラスメントに抗議する内容だった。

◆県担当者「独身女性の多さはつつしみ深さの表れ」

 これに対し、県プロモーション戦略室の越智一浩係長は「ご意見としては受け止めるが、介護時間の長さは人を思いやる気持ちであり、独身女性が多いのはつつしみ深く、おしとやかさのあらわれ」と語り、いずれも問題ないとの見解。動画に対し「県職員はまじめなのか」との質問が数件あったが、「苦情はない。動画の修正なども考えていない」と突っぱねる。

◆ジェンダー論学者「行政が最もふまじめ」

 四国では、香川が「うどん県」、徳島が「VS東京」、高知が一つの家族を表す「高知家」を打ち出し、観光客の呼び込みに躍起。「自治体間の競争もあるのだろうが、愛媛のまじめPRは根本から間違っている」と青山学院大非常勤講師の西山千恵子さん(ジェンダー論)は嘆く。

 「福島や福井では介護殺人の悲劇も起きた。国の介護保険で支援を受けられる対象が縮小され、悲鳴を上げている介護もある中で異常。多様な人が生きているのに、県民性をひとくくりにしていることも問題だ。県民のまじめさを強調しながら、行政が最もふまじめな仕事をしている」。武井さんも「愛媛県は女性管理職の登用も遅れている。男女共同参画も後退し、問題動画が作られる土壌になっている」と受け止める。

◆松山出身ラジオパーソナリティー「松山っ子は腹立つ」

 動画を見た松山市出身のラジオパーソナリティー天野伊佐子さんは「そもそも愛媛県に独身の女性がそんなに多かったかなと思いましたけど。はたから見れば面白いけど、松山っこには腹立つかもしれませんね」とチクリ。夫の、今は亡きコラムニスト天野祐吉さんも同市出身だ。「彼は生前、愛媛の県民性は、肩ひじ張らずにユーモアを持って生きることを表す『よもだ』だと言っていた。その点からみれば、この動画は外れてしまっているのかもしれません」

(東京新聞)

愛媛県が制作した動画「愛媛県まじめ会議」の一場面

愛媛県が制作した動画「愛媛県まじめ会議」の一場面
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報