東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

無症状の感染者 想定外 新型肺炎 封じ込め高い壁

 新型コロナウイルスによる肺炎の世界的な感染の拡大を受け、安倍晋三首相は三十一日夕、外国人の日本への渡航を制限する方針を表明した。入国申請時から十四日以内に中国・武漢市を含む湖北省に滞在歴のある外国人について「当分の間、入国を拒否する」と政府の会議で述べた。湖北省発行の中国旅券所持者も原則入国を禁じる。世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言も踏まえた措置。だが、国内では三十、三十一日に症状のない感染者を二人ずつ確認。無症状の感染者が潜在的に多くいる可能性があり、封じ込めの困難さが浮き彫りになった。 (井上靖史)

 政府は三十一日、湖北省を除く中国全土に対する感染症危険情報を「不要不急の渡航の自粛」を求めるレベル2に引き上げた。湖北省は「渡航中止」を勧告するレベル3のまま。新型肺炎を感染症法に基づく「指定感染症」とする政令を二月七日から同一日に前倒し施行し、患者の強制入院や就業制限などの対策を可能にした。いずれも緊急事態宣言などを受けた。異例の入国拒否は入管難民法に基づく措置で、二月一日午前零時に発効。日本人には適用されない。

 政府は水際での封じ込めを強調するが、感染者の把握は難しくなっている。政府チャーター便で武漢市から帰国した人のうち、体調不良を訴えていないのに念のため行った検査で計四人から新型ウイルスを検出。国立感染症研究所の脇田隆字所長は三十日の会見で「無症状の方からの検出は想定していなかった」と驚きを隠せなかった。症状のない人からのウイルス検出は中国以外で初めてだった。

 武漢市からの観光客は既に多数、日本に入っている。感染が確認された奈良県の男性運転手も武漢からのツアー客を乗せたが、明らかに症状が現れている人はいなかったという。

 「無症状の人からも感染すると考えておくべきだ」。そう警告するのは、独立行政法人地域医療機能推進機構の尾身茂理事長(70)。重症急性呼吸器症候群(SARS)に対応した経験があり、「世界全体の感染者数が急激なカーブで上がっている。SARSの時より勢いがあり、気付かないうちに症状がない人から感染したと推察される」。

 安田二朗・長崎大熱帯医学研究所教授も「症状がない人も感染を広げる可能性は当初から言われていた。特に家族や同一の閉鎖空間にいる人にうつる可能性は高い」。中国では発症していない男児(10)の感染を確認。ドイツでも無症状の人からの感染疑いが三十日付の米医学誌に発表された。

武漢から帰国した邦人を乗せ、国立保健医療科学院に到着したバス=31日午後、埼玉県和光市で(画像一部処理)

武漢から帰国した邦人を乗せ、国立保健医療科学院に到着したバス=31日午後、埼玉県和光市で(画像一部処理)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報