東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

保育園プール死亡事故で有罪判決 元園長と保育士、さいたま地裁

 さいたま市緑区の認可保育所「めだか保育園」のプールで2017年、4歳の女児が溺れて死亡した事故で、さいたま地裁(北村和裁判官)は14日、業務上過失致死罪に問われた元園長の黛秋代被告(70)に禁錮1年、執行猶予4年、当時保育士として勤務していた堀口茜被告(33)に禁錮1年、執行猶予3年の判決を言い渡した。求刑はいずれも禁錮1年。

 北村裁判官は判決理由で「園児の生命や身体の安全を守るべき立場にありながら、死亡させた結果は重大だ」と指摘。一方で「両被告とも過失を認め、幼い子どもを失った遺族の悲しみを受け止めて、深く反省している」と述べた。

(共同)

 4歳の女児が溺れて死亡した「めだか保育園」のプール=2017年8月、さいたま市

 4歳の女児が溺れて死亡した「めだか保育園」のプール=2017年8月、さいたま市
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報