茨城

自民・岡田さん4選「アベノミクス前進」

2016年7月11日

4選を決めて万歳する岡田さん=水戸市で

写真

 参院選は十日投開票され、茨城選挙区(改選数二)は自民現職の岡田広さん(69)=公明推薦=と民進現職の郡司彰さん(66)が当選した。また、昨年九月十日の鬼怒川決壊から十カ月、関東・東北水害に見舞われた茨城県常総市で、現新四人が争った市長選が投票を迎え、即日開票の結果、無所属新人で元茨城県議の神達岳志さん(47)が初当選を飾った。

 自民現職、岡田広さんの水戸市内の選挙事務所では、午後八時すぎには当選確実が伝えられ、集まった多くの支持者から割れんばかりの拍手が起きた。

 岡田さんは「アベノミクス効果を地域に広めてほしいとの声が多く、前進させるのが与党の役割と再認識した。経験を生かし、御用聞き政治と現場主義の原点を忘れず、国民の安全安心のために発言の機会を求めていく」とあいさつした。

 岡田さんは業界団体や企業などを回り、約千百団体から推薦を得た。公明には野党時代の六年前は推薦されなかったが、今回は全面的に支援を受けた。県内全域で組織票を積み上げ、目標通りの圧勝となった。

主な政党の公約

新聞購読のご案内