神奈川

自民・三原さん「2期目 責任大きくなる」

2016年7月11日

花束を手に笑顔を見せる三原じゅん子さん(左)=横浜市中区で

写真

 投票が終わって間もない午後八時一分に当選確実の一報。横浜市中区の選挙事務所に「よーし」と歓声が上がった。拍手で迎えられた自民現職の三原じゅん子さんは「神奈川自民党の皆さまのおかげ。二期目となり、その分責任は大きくなると思う」と表情を引き締めてマイクを握った。

 選挙戦は、党県連の全面的な支援で終始優位に展開してきた。党推薦候補と差別化するため「唯一の公認候補」と繰り返し、支持層に浸透を図った。それでも県連は緩みを警戒し、最後まで地方議員や各種団体を引き締め続けた。

 本人も街頭などで、無党派層の取り込みに貪欲だった。がんを患った経験や介護施設運営の体験を訴え、女性政策の充実をアピール。三原さんは「女性活躍というより、男性の働き方を変え、女性の負担を減らす政策に力を入れたい」とあらためて決意を語った。

主な政党の公約

新聞購読のご案内