東京

共産・山添拓さん 若者の困難を克服したい

2016年7月11日

初当選を決めた山添拓さん=文京区で

写真

 若者の雇用問題や学費問題の解決を訴え、議席を獲得した山添拓さん(31)は午後八時十分ごろ、支援者らの「ヤマゾエ」コールに迎えられ、文京区の事務所に姿を現した。「多くの若者が思いを共有し、注目してくれた」と喜びを語った。

 くす玉やクラッカーで祝福を受け、喜びを爆発させた。「奨学金の返済など若い世代はさまざまな問題を抱えている。若者の困難を政治の力で克服したい」と国政への意欲を語った。

 選挙戦では三十代の若さをアピール。ブラック企業問題や福島第一原発の被害者救済にかかわった弁護士としての実績も強調した。

 三年前の前回選挙で当選した吉良佳子さんに続き、三十代が風を巻き起こした。選対幹部は「激戦区の東京を制し、党躍進の象徴になった。若者の声を国会に届けてほしい」と期待を寄せた。

主な政党の公約

新聞購読のご案内