文字サイズ

全国ニュース

海江田代表 落選、辞任へ

 民主党の海江田万里代表が十四日の衆院選東京1区で落選し、比例代表でも復活当選できなかったため、代表を退くことになった。同党は早期に代表選を行う方針だ。党規則で代表は所属国会議員から選ぶと定めている。

 野党第一党の党首の落選は、一九四九年衆院選の片山哲社会党委員長以来。

 海江田氏は比例代表での落選が確定する前のテレビ出演で、小選挙区での敗北について「大変残念だ。申し訳ない」と述べた。十五日に記者会見し、代表辞任を正式に表明する。枝野幸男幹事長は十五日未明、記者団に「今後のことは海江田代表と話して実務的に進めたい」と述べた。

 海江田氏は、二〇一二年十二月の前回衆院選での惨敗で引責辞任した当時の野田佳彦首相(党代表)の後継として代表に就任した。