文字サイズ

茨城ニュース

「軽減税率導入を」 公明・山口代表 つくば駅前で訴える

写真

 公明党の山口那津男代表が二十四日、つくば市のつくば駅前で街頭演説し、十二月十四日に投開票が行われる衆院選、県議選の同党の立候補予定者への支持を呼び掛けた。

 山口氏は「経済を前に進める(自公の)連立政権に政権運営を任せてほしい」と主張。アベノミクスには株価上昇などの効果があったと強調した上で「消費税10%への引き上げを一年半延期する間に、物価に賃金上昇が追いつくように進める。軽減税率の導入実現を推進するためにも勝たなければならない」と訴えた。 (松尾博史)