文字サイズ

茨城ニュース

民主、2・3・7区に候補擁立せず

 民主党の大畠章宏常任幹事会議長は二十五日、衆院選で、茨城2、3、7各区に党公認候補を擁立しない方針を明らかにした。水戸市内で開かれた連合茨城との会合に出席後、記者団に語った。

 野党間の競合を避けるためで、3区は維新の党公認で元職の石井章氏が出馬を予定。大畠氏は、2区も維新が公認候補の擁立に向けて最終調整していると説明した。7区は出馬予定で無所属前職の中村喜四郎氏から、民主が昨年の参院選で支援を受けたため、対立候補を立てないことに決めたという。

 民主は二〇一二年の衆院選で、3区を除く六選挙区に候補者を擁立。大畠氏が当選した5区以外は全員が落選し、比例代表でも復活しなかった。 (妹尾聡太)