文字サイズ

茨城ニュース

民主枝野幹事長 県内で街頭演説 JR水戸駅前など

衆院選で民主党への支持を訴える枝野幹事長=JR水戸駅で

写真

 民主党の枝野幸男幹事長が二十六日、JR水戸駅前など県内で街頭演説し、「安倍政権に四年間の白紙委任状を与えるのでなく、国会に緊張感を生む選択を」と、サラリーマンや主婦らに公示が迫る衆院選での支持を呼び掛けた。

 枝野氏は「皆さんの暮らしは(安倍政権の)二年間で良くなったか。一人当たりの実質賃金は十五カ月連続でマイナス。円安の副作用で物価は上がっている」と政権の経済政策を批判。「豊かなものを、より豊かにするアベノミクスでなく、日本経済を下から支えて押し上げる政策が求められている」と主張し、安心して老後が暮らせる年金制度や医療サービスの実施、子育て支援の充実、若者の正社員化などの施策をアピールした。

  (林容史)