文字サイズ

茨城ニュース

6区の大泉氏 出馬取りやめ

 衆院選茨城6区に無所属での立候補を表明していた元職の大泉博子氏(64)が二十七日、つくば市内で緊急会見を開き、出馬を取りやめる考えを明らかにした。

 大泉氏は、非自民の候補者の票数が分散する可能性などに触れ、「(支持者らに)申し訳ないが、勝てない選挙はやりたくない。自分を温存し(国政に限らず)次のチャンスにチャレンジしたい」と説明した。

 茨城6区では自民前職、民主新人、共産新人が出馬を予定する。大泉氏によると、民主党側から出馬見送りを促す説得などはなかった。今後、どの陣営を支援する予定もないという。

 大泉氏は、民主公認で二〇〇九年の衆院選茨城6区で初当選。再選を目指した一二年衆院選で落選し、一三年の参院選後に離党した。今回は無所属で出馬する準備を進めていた。 (松尾博史)