文字サイズ

茨城ニュース

坂東でも二重投票

 県選挙管理委員会は九日、坂東市で衆院選の投票用紙の二重交付と二重投票があったと発表した。

 県選管によると八日、既に衆院選の期日前投票を済ませた有権者が、市議選と最高裁裁判官国民審査の期日前投票に訪れた際、衆院選の投票用紙も交付した。投票後、一緒に来た知人が市選管に、この有権者は投票済みだったと指摘して判明した。職員がパソコン画面で「投票済み」の表示を、よく確認しなかったことが原因。県内の二重投票は四人となった。