文字サイズ

東京ニュース

<舛添知事会見ファイル>5日発言 衆院選の投票啓発 政策をよく吟味して

 −衆院選の序盤情勢が報じられている。

 十四日の投票日まで(選挙運動期間は)まだ半分も終わっていない。ちょっとした失言とか、国内、国際情勢で何が起こるか分からないし、それによって大きく変わる。主権者である国民の判断が、これからの日本の将来を左右する。期日前投票も始まっており、政策をよく吟味してぜひ投票に行っていただきたい。

 −人種や国籍などの差別をあおるヘイトスピーチをなくすため、人権週間(四〜十日)などを活用して取り組みたいと発言していた。

 新聞の折り込み広告に入っていたと思いますけど、(十二月号の)広報東京都で、ヘイトスピーチも含めて、人権週間にしっかり対応しないといけないという私のサイン入りの文章を寄稿した。琴欧洲親方を起用した人権週間キャンペーンのCMは一般的な話をしているけども、当然、ヘイトスピーチはやめるべきであるというメッセージも含まれている。