文字サイズ

東京ニュース

緑にライトアップ 投票用紙と同色 都庁で選挙啓発

緑色にライトアップされた都庁舎=新宿区で

写真

 十四日の衆院選投票日に向け、都選挙管理委員会は、都庁第一本庁舎を小選挙区の投票用紙と同じ緑色にライトアップした。高さ二百四十メートルを超える四十八階建てのツインタワーが緑色の光に包まれた。毎夜午後六時から午前零時まで、十四日は投票時間が終わる午後八時まで点灯する。

 急な年末選挙で関心が低く、投票率の低下が懸念される中、少しでも選挙ムードを盛り上げる狙い。二年前の前回は、同じ年末選挙ながら知事選と同日選だったため62・20%と、全国平均(59・32%)が過去最低となる中で六割台を維持した。担当者は「なぜライトアップしているのかと話題になって、一人でも多くの人が選挙に行くきっかけになれば」と期待した。