東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞の本 >子育て知らずの孫育て

ここから本文

【東京新聞の本】

子育て知らずの孫育て

次世代に伝え遺したいこと

子育て知らずの孫育て

田原総一朗 著
1,440円 (本体価格1333円)
ISBN 9784808309466

四六判 並製 208P

ご注文はこちらから [在庫:有り]

東京新聞・中日新聞連載『子育て日記』に大幅加筆。

田原総一朗の違った一面を垣間見ることができると共に、震災後の生き方の指針も見つけることができる。

 

「私たちのときと大違い」娘たちは口を揃えるが、反論は全くない。孫というのはなんと可愛いものであろうか――

子育てとは全くかけ離れたイメージの、あの辛口ジャーナリストの田原総一朗が、双子の孫たちとの交流を綴った第1部。著者の“優しいオーパパ”の一面と、独自の視点での孫育ては一読の価値あり。

日本にとって今回の震災は、第二次大戦で負けた時と同じくらい大きなショックだった。しかし、孫たちが成長していく将来に向け、日本はきっと立ち直ると信じている。その原動力になるべく孫たちの世代に伝えたいことがたくさんあるのだ

が、まだ幼くて伝えきれないことも多い。だから遺す――

論客の本領を発揮した第2部では、孫たちだけにでなく、大きく変わっていくであろう日本の未来を担う若者に伝えたい多くの提言がなされている。それらは、深い愛情に裏打ちされた生き方の指針と言える。