東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞の本 >KOされない男たち

ここから本文

【東京新聞の本】

KOされない男たち

  不屈のボクサーとセコンドの物語

KOされない男たち

吉川英治 著
1,362円 (本体価格1,238円)
ISBN 9784808309503

四六判 並製 248P

ご注文はこちらから [在庫:有り]

倒される恐怖の感覚を知ることで、

人は強くもなれるし、優しくもなれる

 

大川ボクシングジムのトレーナーとして、日本、東洋太平洋、世界タイトルマッチを経験。そのボクサーたちとの固い絆と鍛錬の日々を縦糸に、単身アメリカに渡って見聞きしたこと、ボクシング界だけに留まらない多彩な交遊関係、そしてライフワークでもある日本初の民間自警団組織「明大前ピースメーカーズ」の活動などを横糸にして、時に熱く、時にユーモラスな筆致で綴ったノンフィ

クション。

ボクシングフリークにはもちろん、教育関係者や子育てに悩む人、一歩を踏み出す勇気が欲しい人に読んでほしい一冊。

【著者紹介】

1960年、香川県丸亀市生まれ、中央大学フランス文学科卒。元プロボクサーでトレーナーとして、2つの日本タイトルと1つの東洋太平洋タイトルを獲得。現在はアメリカのビジネス誌『TV TECHNOLOGY』編集長。ボクシングのトレーナー、映画・映像専門学校の講師も務める。東京都世田谷区で2001年6月、日本初の民間自警団「明大前ピースメーカーズ」を結成、04年8月以来、各地で「こども国連」を開催するなど教育や街づくりに取り組んでいる。ニックネーム「世直しボクサー」。