東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞の本 >福島原発22キロ  高野病院 奮戦記

ここから本文

【東京新聞の本】

福島原発22キロ  高野病院 奮戦記

がんばってるね!  じむちょー

福島原発22キロ  高野病院 奮戦記

東京新聞編集委員 井上能行 著
1,512円 (本体価格1,400円)
ISBN 9784808309879

四六判 並製 272P

ご注文はこちらから [在庫:有り]

私たちはあの時をしっかり心に刻んで、今後に生かしていかなくてはいけないと思っています

 

福島県広野町にある高野病院。

最も深刻なレベル7と評価された東京電力福島第一原発の事故後、原発30キロ圏内の病院で

は唯一、患者を受け入れ続け、地域医療の拠点としての役割を担ってきた。

事故による多忙と混乱、退避せずの判断、入院患者移送の苦労、看護師不足の悩み、行政・東電との丁々発止などを、当時のブログやメールの文章を交え、ユーモアを失わずに奮闘してきた女性事務長からの聞き語りでつづる。

著者は東京新聞・中日新聞福島特別支局に駐在する編集委員。