東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞の本 >ビデオは語る

ここから本文

【東京新聞の本】

ビデオは語る

  福島原発 緊迫の3日間

ビデオは語る

東京新聞原発取材班 編
1,728円 (本体価格1,600円)
ISBN 9784808309909

A5判 並製 340P

ご注文はこちらから [在庫:有り]

ビデオはあの時、何を映していたのか!

 

2011年3月11日に起こった東京電力福島第一原発事故発生後の事故対応をめぐる、現場と東電本店などとの約150時間に及ぶテレビ会議。その緊迫したやり取りを保存したビデオ映像を文字で再現し、動かすことのできない証拠から、事故の真実に迫った。

東京新聞原発取材班は、東電が一般公開を拒んでいるビデオの内容を、266回にわたって東京新聞紙上に連載。書籍化にあたっては、用語解説やイラストなどを加えて、幅広い読者にも理解しやすいよう構成し、保存版とした。

今問われている「人間は原発を本当に制御できるのか」「原発ゼロを目指すのか、原発に頼り続けるのか」を考える際の必読書。