群馬の野生キノコから基準値超える放射性セシウム 出荷自粛を要請

2021年10月9日 20時31分
群馬県庁

群馬県庁

 群馬県は8日、同県中之条、草津、片品、川場の4町村の野生キノコから食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたため出荷自粛を要請した。
 県によると、モニタリング調査で、9~10月に4町村で採取された野生キノコで基準値を超え、1キロ当たり110~510ベクレルが検出された。
 自粛要請は原子力災害対策特別措置法に基づく国の出荷制限措置に準じた県独自の対応。東京電力福島第一原発事故以降、群馬県内では沼田、安中両市、みなかみ、東吾妻、長野原の3町、高山、嬬恋両村の野生キノコに国の出荷制限指示が出ている。(池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報